清水沢駅、120歳おめでとう。その2・バースデーキャンドル

その2です。 その1→ 清水沢駅、120歳おめでとう。その1・お誕生会 心がこもった灯り 17時からは120本のキャンドルを立てます。 この日のために、どうやって効率よく穴をあけよう?と寝ないで考えたという事務局長の秘密

Read more

清水沢駅、120歳おめでとう。その1・お誕生会

2017年2月16日は、清水沢駅の120歳のお誕生日です。 50人を超える、たくさんのひとがお誕生日のお祝いにかけつけてくれました。 お誕生パーティー このお祝いの会は、清水沢プロジェクトと、元気な子どもたちとお父さん、

Read more

2月16日は清水沢駅120歳の誕生日。小さなお誕生会を開催します。

1897(明治30)年2月16日に開駅した清水沢駅は、今年開駅120周年を迎えます。 みんなでお祝いしよう!!ということで、一般社団法人清水沢プロジェクトは、子育てサークル「てらっこ屋」と共催で、2月11日(土)から2月

Read more

清水沢駅展覧会 「清水沢駅の思い出展<第2期>−駅と、まちと、ひとと−」開催

一般社団法人清水沢プロジェクトは、12月17日(土)から来年8月頃まで、JR清水沢駅待合室にて、人々の記憶の中にある清水沢駅と駅前のまちなみにフォーカスを当てた展示、「清水沢駅の思い出展<第2期>−駅と、まちと、ひとと−

Read more

「夕張市 炭住活用で魅力発信 産業遺産ツーリズム着手へ」

本日の北海道新聞朝刊空知版に、上記の見出しで、清水沢宮前町が事業拠点として想定されていると報じられていました。 もともとの炭鉱住宅である市営住宅を改修し、夕張の魅力を発信する交流拠点として活用するもので、このような方針で

Read more

報告その2「最果ての鉄路に未来はあるか―日高線を事例に学ぶ“夕張線”の存続問題―」勉強会

「報告その1「最果ての鉄路に未来はあるか―日高線を事例に学ぶ“夕張線”の存続問題―」勉強会」に続き、その2です。 ノスタルジーでは飯は食えないが、技術の継承では飯が食えるかもしれない 明治25年、炭鉱の成立からわずか2年

Read more