アーティスト・イン・夕張、今年も。

東京都と夕張市の連携事業「トーキョーワンダーサイト アーティスト・イン・夕張」。
昨年夏1ヶ月にわたり、宮前町の旧北炭連絡所に滞在したアーティストたち。
今年の冬にはゆうばり映画祭で再び夕張に帰って来て、映像作品の発表や、パフォーマンスを行いました。

そしてまた、彼らが帰ってきます。
今年やってくるのは、昨年に引き続き、遠藤一郎、永岡大輔、松本力、そして初めてやってくるmamoruの4組。
連絡所は冬に解体されたので、今年は宮前町の市営住宅を拠点とします。

まず永岡・松本組が明日22日から夕張入り。
来週には遠藤・mamoruもやってきます。

  • 遠藤一郎 旧緑小学校で子どもたちと壁画のペインティング。
  • 永岡大輔 夕張市民から集めた古布と古本によるテントを連絡所跡地に作成。
  • 松本 力 子どもたちと夢のゼロ戦を作成。
  • mamoru  地質学者ライマンにフォーカスし、音の風景から夕張を浮かび上がらせる。

 


アーティストたちの活動の様子やいろいろなお知らせは、清水沢プロジェクトのページで随時お知らせしていきます。
お手伝いも大歓迎です。
今年は札幌のアーティストたちとのつながりや夕張の若者にも協力していただけたらと思っています。
ぜひ、ご参加下さい。

詳しくはこちら。
アーティスト・イン・夕張2013夏プログラム

アーティスト・イン・夕張[東京⇔夕張 自治体間連携モデル事業]
滞在期間:7月22日(月)~8月20日(火)
参加アーティスト:遠藤一郎、永岡大輔、松本 力、mamoru
主 催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団トーキョーワンダーサイト
協 力:夕張市、NPO法人ゆうばりファンタ
問い合わせ先:NPO法人ゆうばりファンタ 0123-53-2637

 

artistinyubari2013summer

(pdf:1.3MB)

※予定は状況に応じて変更する可能性があります。清水沢プロジェクトでは、非公式ながらもできるだけ最新情報を掲載するようにしますので、ご参照下さい。

コメント

コメント