【9月18日】オープニングセレモ二ー!!

みなさんこんにちは!公開2日目です!

 

今日は、待ちに待ったオープニングセレモニーの日です。

あいにくの雨でしたが、多くの人が発電所に集まりました。

 

オープニングセレモニーでは夕張市長、東亜建材社長、町内会の方々、NPO炭鉱の記憶推進事業団理事長、アートディレクターのご挨拶があり、私たち学生も参加アーティストとしてご挨拶をさせていただきました。

 

次に、パフォーマンスでは、祭太郎さんの口上パフォーマンス、武田芽衣さんのチェロ演奏、茂呂剛伸さんのジャンベ演奏、キックさんのコンテンポラリーダンス…盛りだくさんの内容でとても楽しかったです!特にキックさんのダンスでは作品とのコラボもあり、作者も大変喜んでいました。

アーティスト 口上

 

今回のアートプロジェクトを主催したNPO法人の方々・作家・パフォーマー・地域の方が一同に会する貴重な機会でした。

お互いに感想を言い合ったり、より良いプロジェクトにするための意見交換など、とても充実した時間を過ごしました。

 

【アートディレクター上遠野 敏より】

雨の中ご来場ありがとうございました。スタッフ一同篤く感謝しております。

オープニングセレモニーのパフォーマーの皆様お疲れ様でした。私達のアートにパフォーマーの皆様が素晴らしい華を添えて頂きました。チェロの音の響きはドイツのビラヒューゲルを彷彿させました。

地域の方々や東亜建材の皆様のご協力によって、無事開会する事が出来ました。

学生は2週間に渡り、現地で制作をし、当日朝まで一生懸命設営を行いました。

作品は皆様と一緒にイメージを紡いで作り上げていくものです。旧北炭清水沢火力発電所や清水沢ズリ山などの炭鉱遺産の記憶をアートの力で掘り起こします。

ぜひご来場頂きその価値を発見して欲しいと願っています。

コメント

コメント