清水沢アートパワープラント

旧北炭清水沢火力発電所活用事業として旧発電所施設の一部を一般公開しています。

「清水沢アートパワープラント」は、アートの力で炭鉱の記憶を掘り起こすことを目的として、旧北炭清水沢火力発電所の公開を行うプロジェクトです。2011年の「夕張清水沢アートプロジェクト」以降、会場としてご協力いただいた東亜建材工業株式会社のご要望により、東亜建材工業株式会社・札幌市立大学デザイン学部上遠野敏研究室・NPO法人炭鉱の記憶推進事業団の三者で、アート作品の継続展示と公開を行ってきました。2014年の「そらち炭鉱の記憶アートプロジェクト2014」の閉幕をもって一旦アート展示は終了しましたが、今後もこの地域を支えてきた産業への誇りと尊敬の念を象徴する空間として、芸術文化活動を中心に、引き続き活用していきます。

みなさまへ心からのお願い

旧発電所施設は、東亜建材工業の所有地ということもあり、以前は建物見たさの不法侵入が絶えなかったそうです。2011年のアートプロジェクトが所有者の心を動かすきっかけとなり、アート作品の継続展示を行うことで、建物の一般公開を行う体制が整い、多くの方々に楽しんでいただけるようになりました。

以上の経緯をぜひご理解ください。

所有者の東亜建材工業さんには、もうひとつ思いがあります。
「産業廃棄物中間処理場という近寄りがたく敬遠される施設が、実際にどのように使われているかをぜひ見てほしい」
整然と分別された廃棄物の山は、むしろ迫力と美しさを感じます。わたしたちが暮らす社会から生み出される「ゴミ」をリサイクルして活用することは、現代アートにも通じる部分があるかもしれません。

また、旧発電所施設は老朽化が著しく、年々所有者の負担も大きくなってきています。この施設をどうするべきなのか、多くの方々の間で議論していく必要があると考えています。

公開概要(2017.6.8更新)

期間

2017年6月3日~10月末までまでの月〜土 10:00〜16:00
※東亜建材工業稼働日のみ(日曜・お盆期間は休業)
12:00〜13:00はお昼休みのため、受付対応ができません。この時間以外にお越しください。

場所

東亜建材工業(株)夕張営業所構内(旧北炭清水沢火力発電所)
住所:夕張市清水沢清栄町国有地
徒歩での入場はできません。必ず車でお越し下さい。

料金

個人の方は無料(見学体制維持のため、カンパをお願いします)

団体での見学、ロケ、取材のご希望

団体様のご見学希望の場合、大型バス・マイクロバス・乗用車分乗など車種により旧発電所建物へのアプローチ方法が異なるため、所有企業さんとの調整ならびに先導が必要となります。
誘導と案内を担当するコーディネーター(1名・5400円)の利用をお願いします。
事前に清水沢プロジェクトまでご相談下さい。

雑誌や映像ロケをご希望の場合、有料にてコーディネートを行います。(目安:2万円〜)
(テレビ取材も影響が大きいため、ご相談ください)

お問い合わせ先

一般社団法人清水沢プロジェクト
代表番号 0123−57−7463 9:00〜19:00対応
(東亜建材工業さんへの直接のお問合わせはご遠慮ください。)

特別協力

東亜建材工業株式会社

見学方法

1.受付

  • 事前予約は不要です
  • 当日現地にお越しになり、必ず受付(東亜建材工業事務所玄関)にて誓約書に署名、入構証(車)、ガイドマップを入手の上、ご入場ください。
  • 徒歩・自転車によるご入場は危険なため、必ず車でご入場ください。事務所まで徒歩で来場してしまった場合も、タクシーを呼んでいただきます。
  • 場内は産業廃棄物中間処理場のため、金属片などが落ちている場合があります。車の破損、汚損が起こらないとは限りません。その点ご了承いただいた上での入場をお願いいたします。

2.入場

  • 車で坂道を降り、総合煙突、建物を左手に見て突き当りまで進み左折。
    建物脇の駐車場に駐車してください。(2017年より駐車場が変わりました)
    ※自家用車より大きな車は通れませんので、ガイドのご利用が必要です。

3.見学

  • 公開範囲は旧清水沢火力発電所建物内の1F配電盤室・クレーン下・2F・地階です。
  • ヘルメットがあるので、必ず着用の上、ご見学をお願いします。
  • 所有企業が作業スペースとして使用している状態のままの見学です。見学可能場所以外の立ち入りは、ご迷惑となりますので、固くお断りいたします。

4.退場・受付

  • 再び所有企業さんの事務所に戻り、退場の手続きをお願いします。

見学上の注意

旧発電所敷地は、現在東亜建材工業株式会社が工場・作業場として使用しています。 見学の際は、以下の注意点にくれぐれもお気をつけ下さい。

万が一ケガをされても主催者・所有企業は一切の責任を持ちません。

 

  1. 敷地内には大型ダンプや重機が頻繁に行き来しています。指定した通路の通行をお願いします。徒歩でのご入場はできません。
  2. 通路の路面に凸凹があり、車の腹を擦ったり、轍にはまったりする恐れがあります。また、金属片などが落ちている場合があります。車の破損・汚損にはくれぐれもお気をつけください。
  3. 施設内の老朽化が激しいため、ヘルメットの着用を必ずお願いします。
    ヘルメットは発電所建物1F配電盤室入ってすぐ右側にあります。見学後はお手数ですが、元の位置に戻して頂ますよう、お願いいたします。
  4. 建物内には老朽化により落下したガラスの破片、ガレキ、鉄筋など危険なものが散乱している箇所や、壁面・床面に穴が空いている箇所があります。特に安全対策は行なっていませんので、頭上を含めて充分ご注意下さい。
  5. 古い階段や作業用の階段があります。昇降の際には足を滑らせないよう気をつけて下さい。
  6. 指定した部分以外の場所に立ち入らないでください。
  7. 施設内の物品を持ち帰ったり、壊したりしないで下さい。
  8. 場内にお手洗いはありません。あらかじめ清水沢コミュニティゲートもしくは近隣の公衆トイレでお済ませください。

見学者による施設利用について(特にポートレート・コスプレ写真の撮影を希望される方へ)

近年ポートレート・コスプレ写真の撮影に関するお問い合わせを、大変多く頂いています。
多くの方にルール・マナーを守っていただいており、感謝申し上げます。
お問合わせの多い事項を以下にまとめたので、こちらにもご配慮いただけますよう、お願い申し上げます。

内容について

東亜建材工業さんの名誉を傷つけない内容、産業遺産に対する尊敬の気持ちを損なわない内容であれば、制限はありません。約70年にもわたり炭鉱を支える電気を供給し続けてきた場であることをご理解いただいた上で、武器や戦争を想起させる施設としての利用はご遠慮ください。

特に、衣装を着用する場合、あまりに露出が多いものや軍服・武器・血のように見えるもの(ミリタリーコスプレ)などはご遠慮下さい。

他の方への配慮について

所有者の東亜建材工業さんの稼動日ですので、従業員の方が驚かないよう、ご配慮ください。移動の際には何かを羽織るなどして外から見えないように工夫をお願いします。
他の見学者の方がいらっしゃったときは、お互い譲り合って気持よく見学できるようにお願いします。

 

撮影会について

グループによる撮影会などは、通常の見学の範囲で利用可能です。他の見学者が来た場合には中断するなど、譲り合いをお願いします。貸し切りはできません。

特に予約などは不要です。当日所有企業事務所で受付をお願いします。
※利用予定を清水沢プロジェクトに予めお知らせいただけたら、ホームページのカレンダー欄にて「撮影会予定あり」「団体見学予定あり」など告知することは可能です。必須ではありません。

団体様の利用の場合については、上記の「団体でのご見学」に準じます(案内が必要となり、有料です)。不特定多数が訪問するイベントは、管理負担が大きいのでお断りします。

 

資料ダウンロード

2017年分は作成中です。

問い合わせ先

一般社団法人清水沢プロジェクト お問い合わせフォームはこちら
代表番号 0123−57−7463 (9:00〜19:00対応)
 

現地地図

 

One thought on “清水沢アートパワープラント

Comments are closed.