夕張市「夕張まちじゅうこども食堂事業」を受託し、実施します。

「夕張まちじゅうこども食堂事業」は、新型コロナウイルス感染症の影響で増加している子育て負担を軽減し、また、売上が減少している飲食店等を支援するため、0 歳〜18 歳の子どがいる世帯に市内飲食店で使用できる飲食チケットを子ども1名につき2枚ずつ配布し、登録されている飲食店で飲食やテイクアウト、デリバリー等が利用できるようにする夕張市の事業で、一般社団法人清水沢プロジェクトが事業委託を受けて実施します。

清水沢プロジェクトが実行委員会と共催している「夕張こども食堂」は、このコロナ禍で開催の見通しが立ちませんが、このような時だからこそ、子どもたちにとって「家族とあの店に食べに行ったね」という、ふるさとの“食の原風景”を作ることができるのではないかと思います。

この事業の実施要綱や、新規参加店舗、取りやめとなった店舗、おすすめメニューなど参加店舗の最新情報は、夕張市ホームページやFacebookページ「夕張まちじゅうこども食堂」でご覧いただけます。

夕張まちじゅうこども食堂事業(夕張市ホームページ)

夕張まちじゅうこども食堂Facebookページ

パンフレットは必ずお店の方に写っていただくようにしました。
お顔を見て、「元気かなあ。食べに行きたいなあ」と思っていただけたら嬉しいです。