踊ろう!夕張子ども盆おどり歌

清水沢プロジェクトは清水沢の洋菓子店・お菓子のふじと共催で、「夕張子ども盆おどり歌」を復活を目指して普及講習会を開催します。

「夕張子ども盆おどり歌」は、1957(昭和32)年に制定された、夕張オリジナルの盆踊り歌です。小学校の校歌を多く作詞された藤田貞雄氏など、作詞、作曲、振り付けのすべてが夕張市民の手によって作られました。

当時の夕張市の人口は11万人を超え、全道でも7番目に大きな都市でした。1952(昭和27)年に今でも全道的に踊られている「子供盆おどり唄(シャンコシャンコ)」が誕生しましたが、大都市夕張ではオリジナル曲が作られたことになります。歌詞には「黒ダイヤ」「選炭場」など、当時の夕張らしい情景が織り込まれています。

近年の夕張では、シャンコシャンコを踊ったり、そもそも子ども盆おどりの時間がなくなったりし、このオリジナルの子ども盆踊り歌はわずかな町内会でしか踊られなくなりました。夕張だけのオリジナル曲があることは郷土の誇りであり、ぜひ次代の子どもたちにも引き継いでいきたいと思います。

盆おどり歌ができてすぐの時期には、実際に講習会が開かれたようです。

募集しています!

①夕張子ども盆おどり歌を踊れる人
教えてくれる人を探しています!「もう体が動かないから口だけ!」の人もOKです。
7月15日(月)までにご連絡ください。

②夕張子ども盆おどり歌を踊りたい人
申込不要です。当日会場にお越しください。 
歌詞をじっくり楽しんで、踊りの練習をします。大人も子どももOK!

③盆踊りで踊りたい町内会
音源があります。随時ご連絡ください。

踊ろう!夕張子ども盆おどり歌(普及講習会)

日時

7月22日(月)10:00〜12:00

場所

拠点複合施設りすた 多目的ホール

参加費

無料

当日の持ち物

動きやすい服装、飲み物

※本講座は市教委主催の朝活キッズの体験学習としても実施します。
※記録のためにビデオに録画し、今後の保存活動に活用させていただきます。

主催

一般社団法人清水沢プロジェクト・お菓子のふじ

お問い合わせ先

0123-57-7463(清水沢プロジェクト)