活動日誌 |「忘れない歌」夕張にかつてあった小学校の校歌 2019年2月24日(日)


今回は幌南小学校を卒業された双子の姉妹の翠さんと紫さん、健太さんと幌南小の校章を作られた翠さんと紫さんのお父様、晃さん(南部小)にご協力していただきました。

翠さんと紫さんは一年から三年までを遠幌小で、統合で四年生から幌南小に通いました。
健太さんは夕張小、南部小と渡り歩き幌南小で卒業しました。
遠幌小の窓から幌南小が建っていく様子を見ていた翠さんと紫さんは、新しい校舎にワクワクする反面、環境の変化に対して戸惑いがあったそうです。
“遠幌小学校はなくなってしまうし、幌南小学校は新しいので、うれしくて、なんかさびしいです。(紫さん)”“遠幌小学校の三年生は、五人しかいないのに、友だちがたくさんふえて、勉強ができなかったりしたらどうしよう。(翠さん)“ 遠幌小の閉校誌に彼女たちの当時の思いがありました。新しい生活に慣れるまで時間はかからず、南部在住の友達ができたことで行動範囲が広がり、自転車で南部に住んでいた友達のところへ遊びに行ったりしたりしたと伺いました。
統合したことでよってスクールバスが南部地方に走ることになりました。南部に住んでいた健太さんはすぐにバスに乗るためあまり放課後は遊べなかったようです。


幌南小学校の校章は晃さんが考案したもので、3種類の原案をもっていったようです。校舎は岳見町に建てられるということで夕張岳をデザインに入れることは譲れなかった!と仰っていました。家で校章を作画していた当時の様子を翠さんと紫さんは見ていて、今でも覚えていました。校章以外にも記念冊子にスケッチを書いていた晃さん。遠幌小の閉校碑にある校舎も書きました。

では校歌を、となった時に、あれよあれよとたくさんの楽器が机の上!ピアノ、鉄琴、マラカス、ギター、ウクレレ、胡弓。
出演してくださった全員が楽器を演奏しながら校歌を歌ってくださいました。
私はまるでコンサートに行ったような気分!

素敵な演奏ありがとうございました!

幌南小学校校歌
上元芳男    作詞・作曲

一、
夕張岳が呼んでます
幌南小に学ぶ子よ
いつも元気にいきいきと
強く正しく伸びゆけと
力をあわせ助けあい
あかるい学校つくりましょう

二、
夕張川も歌います
幌南小に育つ子よ
いつもやさしくあたたかく
心ゆたかに生きぬけと
みんな仲よく信じあい
しあわせの町つくりましょう

三、
わたくしたちは誓います
幌南小を誇りとし
のぞみ気高く風雪に
耐えて大きく羽ばたくと
友よ互いに励まして
平和な国をつくりましょう

(文・写真/菊池史子)