美津のはなし-桑原真理子活動日誌


美津は店内にまだ石炭細工を飾っている数少ないお店の一つです。
初めてこのお店を訪れた時に、「石炭の玉はありますか」と聞いたところ、ママが店の奥から大きなつやつやした玉を出してくれました。
「店にある最後のやつだからあげられない。夕張の町で商売していて、石炭飾ってなかったら恥ずかしいもんね。」

ということで美津の玉はいただくことはできませんでしたが、ここで出会った常連客の健ちゃんと秀ちゃんから貴重な玉をいただくことができました。彼らはもちろん元炭鉱マンです。

 

今回の夕張での滞在期間中に、合計九個の玉が集まりました。
この玉を軸に、石炭細工を通して見える夕張の姿を本にして発表する予定です。

 

本が完成したらまた夕張にまた戻ります。
それまで皆様どうぞお元気で。

 

I LOVE YOUBARI!

 

(文章・写真/桑原真理子)

===============================

清水沢北町の「美津」は、2017年12月20日に惜しまれつつ閉店しました。
桑原さんは、最後の”常連客”になりました。

炭鉱マンに愛され半世紀 飲食店「美津」閉店 夕張:どうしん電子版(北海道新聞)

【夕張】清水沢駅にほど近い中通りにある飲食店「美津」が店を閉じた。かつて隣接地でバーも経営し、苛酷な仕事の合間に息抜きする炭鉱マンでにぎわった。炭都夕張の盛衰とともに歩んで半世紀。閉店を惜しむ常連客…