ハッピーバースデー清水沢駅。122歳


昨日2月16日はJR清水沢駅の122歳誕生日。
「ありがとうさようなら清水沢駅展」のスタートは、誕生日から始めました。

列車に乗っていた方のツイート。見えてよかった。

大きなイベントは2年前の120歳のときにやったので、今回はバースデーキャンドルのみ。キャンドルは、清水沢商店街の勝栄堂さん(葬儀屋さんです)から今回もご提供いただきました。

お知らせもギリギリになったのですが、インターネットで知ったという方やメディアの方が来られて、ちょっとにぎやかになりました。

今回も昭和15年発行の「清水澤驛史」を展示していますが、おなじみ「苺摘み客の来往多く当駅年中行事の最たるものなり」にちなみ、急にイチゴのケーキが食べたくなったので、急遽イチゴのケーキ争奪じゃんけん大会を開催しました。

19:06下り列車をお迎え。

寒いのにろうそくを立ててくれた仲間たち。
わざわざ遠くから来てくれた人たち。
16時台で帰ったのに、やっぱり見たいからと言って19時台で引き換えしてくれた人もいました。
整理が必要なほどたくさんの人が集まるイベントだったら、駅の誕生日を祝い、一人ひとりに感謝することができただろうか、と思います。
ひっそりとした中間駅である清水沢駅だからこそできたのかな、と。

19:40上り列車を見送りました。

清水沢駅には誰かが置いた駅ノートのほか、この地図と、寄せ書きの模造紙があります。
清水沢のまちは、3月31日で終わりではありません。
私たちはみんなの思いを積み重ね、これからのまちづくりに生かしていきたいと思います。
駅に来られたら書き込みをお願いします。
代理で書き込みもしますので、コメントやメールなどでお寄せください。